minusthing

三日坊主にならないようにがんばるょ…><

iPhone SE(2020)をクソ真面目にレビューします

ついに出たね!新型SE!

まあ私はアルミボディ、角ばったデザイン、小型サイズの初代SEが至高という考えで、今回はスルーするつもりだったんですが、イマジナリーフレンドの幻覚が見えて例の給付金でトチ狂って注文してて……

いや理由はどうでもよくて、重要なのはiPhone SEが今手元にあるということですよ。

 


f:id:minus131:20200510211947j:image


f:id:minus131:20200510212000j:image

 

というわけで、このエントリーでは初代SE、Android代表としてP30 liteとの比較や、昨今のスマホトレンドに馴染めないマンとしての私怨を交えながら解説していきます。

読み物として読んでもいいし、参考にしたい人はすればいいじゃないの!

(知ったかで書いてるので間違ってるとこあったらこっそり教えてください)

 

 

 

総評


f:id:minus131:20200510213737j:image

あるいは、部位ごとの解説なんぞ読んでらんねえ人向け要約。

  • 処理能力: ハイレンジ並み!
  • 画面: ベゼルの存在感/ふつうの液晶
  • カメラ: 単眼じゃいかんのか?
  • おかえり僕らのホームボタン
  • 指紋認証しかないよ
  • 心許ないバッテリー
  • NFC搭載!給付金申請にも使える
  • コスパ最強!ゲームはかどる!

ほとんどの人が気になるであろう重要なポイントはこれくらいかな?

他にも挙げたい部分は沢山あるので、ぜひ続きも読んで頂きたい次第です

 

 

 

外装

外観といい、大きさといい、色違いのiPhone 8だよね…


f:id:minus131:20200510212533j:image

パッと目につくのは最近のスマホにありがちなクソデカディスプレイ、ノッチなどではなく、ほどよい幅のベゼルがディスプレイを囲む古き良きデザイン。

よそのレビュー記事では散々「極太ベゼル」と言われているけど、逆にさ、ベゼルがあるからなんなんですか?P30とかギリギリまで画面あるせいで持ち手に反応してクッソ使いづらかったんだが?慣れたけど?(半ギレ)

ディスプレイ仕様も8と変わらず、4.7インチ、Retina HD→11よりは劣る解像度と、良くはないけど別に困りもしない感じ。あと周りの環境に合わせて見え方を変えてくれる機能「True Tone」も入ってたけど正直どうでもいいね…

 


f:id:minus131:20200510212616j:image


f:id:minus131:20200510212629j:image

(P30が青すぎるのか?初代SEと比べてもSE2はやや黄色っぽい液晶かも、設定は全機種確認済)

 

サイズ感的にも、手が小さくて最近のはデカい…という人におすすめ。

初代SEを大切に使っている方々が乗り換えるには戸惑いもあるでしょうが、これからも続くかもしれない大型化の流行を考えると、橋渡しにちょうどいいのではないかな?どうしても同じサイズがいいなら…バッテリー交換して延命かiPod Touchかな…(震え声)

えっ?6インチ超えベゼルレスが大好き?大人しくiPhone11買うか12待機してなさい!

 

カラー展開は、光沢色多めだった8に対して、鮮やかな黒/白/赤の3色で、白はやや暖色系・赤も過去モデルに比べてかなり明るい色合いの模様。

(今だと店頭で確認できないのがつらいところ。GoogleTwitterで画像検索、しよう!)

また特異な点として、明るい色には白ベゼルだった過去のiPhoneと異なり、全色黒ベゼル。(iPod Touchで赤に黒ベゼルのフロントパネルをつけたマンとしては、魔改造感あってすきです)


f:id:minus131:20200510213924j:image

背面ガラス、側面アルミ素材。ワイヤレス充電もできるよ。

素材の違いは8発売当時から気に食わなかった部分ですが、いざ実物を触るとそんなに悪くなく、継ぎ目の仕上げはさすがAppleという感じ。触り心地が違うのも慣れてみると面白い。

 

そういえばiPhone11の流れから、林檎マークが中央配置になりiPhoneの文字などもありません。すっきりしてていいんじゃないかな?

 

 

 

処理能力

型落ちモデルにブチ込まれた最高の頭脳。

 


f:id:minus131:20200510214031j:image

(AnTuTuベンチマーク。これやって本体が熱いくらいになった)

 

SE2の最大のセールスポイントはここ。10万超えの最新型11と同じ、現時点の最新プロセッサ「Apple A13」を搭載している。

つまりほぼ同等の処理能力を持つスマホが5万台で買えちまうんだ!やっぱリサイクルエディションって神だわ…

 

ほぼ、というのはメモリ(ストレージではない)が11の4GBに対してちょっと少ない3GB。なのでおそらくプロセッサの性能を落としている(クロックダウン)。

といっても極わずかでまず体感はできないレベルだと思われるので、実力は11と遜色なくサクサクに使えるはず。

(メモリの違い=短期記憶の差なので、11に比べて以前立ち上げていたアプリを起動し直しになる頻度が増えるとかその程度じゃないかな)

それでも個人的には1万上乗せでもいいから4GB積んでほしかった気はしますね…

 

 

 

カメラ

 


f:id:minus131:20200510214150j:image

 

ここもハード面は8の使い回しのためシングルカメラ。ソフト面のアップデートのみで埋め合わせしてきたっぽい。単眼はデザイン的にもいい、出っ張ってなければもっとよかった。

インスタ民でもカメラガチ勢でもなく、記録として残せればええ派としては割とどうでもいいんで…(最近のスマホってカメラの性能競いすぎでは?)撮れ方については公式サイトや他レビューに丸投げします!

 

 

 

 

ホームボタン

やっぱりiPhoneといえばホームボタンよね。

 


f:id:minus131:20200510215144j:image

 

ここ数年のiPhoneでなかったことにされていたアイツ。しかし初代iPhoneから支えてきた重要なパーツをAppleも無視できず、自社サイトでも自慢げに「ただいま。」とかいっちゃう始末。あのさぁ…(感涙)

しかし初代SE使いは全く同じものをSE2も搭載していると考えないでほしい。そう、防水…じゃなくて耐水となったiPhone7より、物理ボタンは亡きものとなっている。

では"ボタン"とは?

当時Appleが提案した新しいホームボタンは、Taptic Engineという機能を用いたもので、要は「指で押されたことを検知して振動を送り、ボタンを押したような感触を指に伝える」という最早ボタンという概念を保つだけの代物だった。

8/7/SEが店頭に並んでいた頃、その仕組みを知らなかった私が初めて体験したその感触は、物理ボタンに慣れていた私にはあまりに珍妙に感じられた。確かに押したのだという感じはする。するのだが……「何かが違う」と拒否反応を示した私の脳は、初代SEと呼ばれることになる機種を選びローンを組んだ。いやカクカクアルミボディの時点で決まってたかもしんないけど

人間はきっと物理ボタンが好きになるようにプログラムされているのだと思う。DS、プレステ、Xbox、どれでもいいけど、ゲームの面白さと同じくらい、私達はABボタンと十字キーに魅了されていたのではないか?……

 

そんな思想を巡らせる程度には、今回の新ホームボタンにはビビった。いや初体験は数年前だけど、SE2で初めて触ってたらどうなってたか予想つかないくらい…(Androidでは疑似ボタンなんてあるのかな?あったら教えてください)とりあえず初代SEから乗り換える人は絶対ビビると思うので心構えよろしくな!ってことで。

このTaptic Engineなるもの、ホームボタン以外でもアプリ使ってると(Twitterだとタイムライン読み込み時とか)独特の感触を伝えてきて、これはこれで面白いな〜と思えてきます。慣れます。最初だけだよ多分。どうしてもダメだったらオフにすればいいんだよ。

 

 

 

入出力端子

またの名を私怨ポイント、Lightning端子やめろ&イヤホンジャックは要ります

 

挿すところだけど、もうLightning端子しか残ってません。有線イヤホンもLightningのやつが同梱されてるし、それかBluetoothイヤホンに切り替えていけ。…っていう事だと思うんですが

 

まず、iPhoneの独自規格であるLightning端子。

Appleはぐだぐだ言って頑なにUSB Type-Cにしてくれません。消費者的には統一されたほうがかなーり楽なんですけども、特にAndroidと併用してると余計…あとこれ猫がやたら噛みたがるし噛むとすぐ認識しなくなるし、紙やすりで削るにも限界あるし……いずれ移行してくれたらいいなあ

 

そして、これもまた耐水機能の犠牲になり7から排除されたイヤホンジャック。当然8にもありません。

耐水ってさあ……流石に風呂で長期間使えたり、雨の中でもディスプレイがちゃんと反応するならともかく(技術的に可能かは置いといて)、現時点では水の中に落としちゃった!飲み物こぼした!っていういざという時のためのやつですよね。この耐水レベルとイヤホンジャックを天秤にかけたら、私は断然イヤホンなんですよ。PC然りスマホ然り、穴はないよりあるほうがいいんだよ!

無線イヤホンも使ってますが、有線はバッテリーの心配がないし、4極ジャックのほうが汎用性あるし、何より音ゲーにおいて遅延は致命的なので……電車とかでスピーカー垂れ流しではできないじゃないですか。iPod Touch?あれはゲームによっては画面が小さくてねえ…

以上私怨でした。ジャック復活お待ちしてます!

 

 

 

NFCApple Pay

ウレシイ…ウレシイ


f:id:minus131:20200510210427j:image

NFC搭載。suicaの残高がわかるよ!

運悪く手持ちのスマホが非搭載のばっかりで、唯一できるのが色々ガタがきてるNexus5ぐらいしかなく、控えめに言って念願ポイント。アプリ立ち上げてなくても読み取れたら最高だったんですが、林檎様だからね…

あとなんかApple Payにsuicaが登録できるみたいなのでやってみました、こちらはエクスプレスカードという機能でロック状態でもタッチできるらしいです。今度使ってみよう。あれ?残高読み込める意味なくねこれ?

(まあPASMOは登録できないっぽいから…まあ…)

 

 

 

バッテリー・充電

電池容量は1821mAh。8の据え置き。

初代SEの1624mAhに比べればマシではあるんですが、最新型の11(3110mAh)、その前世代XS(2658mAh)と比較しても少なすぎます。外出時はモバイルバッテリー必須。

Androidでも3000超えは当たり前、ハイレンジ級になると4000はザラにある昨今、2500は欲しかったですね…

(一応、ソフトとハードで開発が違うAndroidに対し、全てAppleが作っているので同じ容量でもiPhoneのほうがバッテリー持ちはいいという風潮があることにはあります。私の体感としては、断言はできないけどそんな気がしないこともないです)

 

あと一応、ワイヤレス充電Qi対応!そう…(無関心)

充電パッド持ってないんでよくわからないです。急速充電がある限り有線の天下は揺るがないんだよね…

 

 

 

ストレージ

ROM。地味に大切なところだし触れておこう

64GB、128GB、256GBの三通りありますが、iPhoneの特色としてSDカード挿せないから移行検討のAndroid民は注意!


f:id:minus131:20200510203434j:image

余談、iPhone同士のデータ移行機能「クイックスタート」体験談。今まで使っていたiPhoneの中身を全て、アプリもメディアデータも丸ごと新しい端末にコピーできるというやばそうな機能です。ストレージ関連ではあるよね

正直まっさらの状態で使いたかったんですけど、この機能どんなもんかと、初代SEのデータでやってみることにしました。対応OSとかは写真の通り。

どちらも128GB、初代SEはそのうち100GB近く使用済み。

かかった時間は1時間弱。(最初にでる予測時間が信頼性高めで、最中に表示される残り時間はガバガバです)

アプリデータは元端末のデータをそのままコピーするようで、SNSアプリも、ソシャゲ類もログインや移行作業必要なく使用できてしまいます。はえーすっごい…楽天市場とか一部ログインし直したやつもありましたが、体感だとだいたい8割くらいはいけそう。

万が一移行できてない場合も、元端末のデータはそのまま残っているので、ふつうにアプリ毎に移行しなおせばいいだけ。(両端末にソシャゲ残してプレイするのはBANの恐れあるんでやめとこうね)面倒くさいけど終わった後確認したほうがいいです

感想としては、丸ごと移せるのはすごい!でもWindowsのバックアップみたいに写真だけ、アプリだけとかって引き継ぐデータを選べたらいいなと思いました。というのも写真整理しようとしたらよくわからなくなっちゃったんで…(バグとかじゃなく自分のミス)なので次は使わないと思います。iPhone使いの参考になれば!

 

 

 

SIM・通信帯

最後にここも一応触れときます

 

nano-SIM、e-SIMに対応し、デュアルSIM可。最近話題の5Gは非対応。

nanoはここ4、5年のスマホほとんどそうだと思うのでふつうに差し替えできるのでは。私も初代SEから差し替えていい感じです。

 

e-SIMはよくわからないんですが、今のところ楽天モバイルIIJmioぐらいでしか契約できない?(他にもあれば知りたい)ので意識しなくていいかもです。

そのうち取り扱い増えてきたらSIMカード待たず使えたり、回線の使い分けできたり選択肢増えそうでいいね

 

5Gはもっとよくわかんないけど、まだまだ立ち上げ段階だし、そもそも興味ありありな人は対応スマホ買うよね!しらね!

 

 

 

あとがき

長くなってしまったけど以上だよ。

どうかな?後半ネガキャン多くなっちゃったけど、まず解説と呼べる内容だったか危ういけど、欲しくなったかな?

とりあえず、コスパ最強レベルの機種ということは伝えたいんだ。5万円くらいなら次の買い替えも気兼ねなくできるし、思いの外気に入って3年以上使うかもしれないよ!

特に最大の長所といえるプロセッサはゲーム、クリエイティブ目的によく向いているから、処理の重い事はこいつにやらせて、電話やSNSなどのライトな用途は適当なAndroidに任せるとか、2台持ちもいいと思うんだ。別に全て1台でできなきゃいけないわけでもないのさ。適材適所って言うだろ?

10万のうち、半分をこのiPhone SE2につぎ込んでも大半の人は後悔しない。きっとね。

 

スマホ選びに悩むみんなが笑顔になれることを祈ってる。:)


f:id:minus131:20200510221734j:image

洋楽がマイブームなので紹介(第二弾)

 

みんな感染せずにすんでるかな?わたしは半ば八つ当たり的にiPhone SE買っちゃったよ!いつ届くかしらんけど!

10万もすぐはもらえないみたいだし困っちゃうね

というわけで前回から間空いちゃったけど、洋楽紹介第二弾いきます

 

今回はこの4曲


f:id:minus131:20200502181536j:image

 

 

 

Video killed the radio star - The Buggles

 

 

多分これだいたいの人は♪アーワ アーワ♪のとこで「あっこれかぁ!」となるんじゃないでしょうか

邦題は「ラジオスターの悲劇」というそうで、最初にフル聞いたときは「ポップ曲調のくせにkillってクッソ不穏やん」とビビったのですが

ちゃんと読めばわかるようにメディアの移り変わり、テレビの普及によって衰退するラジオ文化への悲哀と懐古を歌っているようです

現代ではネットの普及でテレビが衰退しつつありますが(↑の動画のコメント兄貴がタイトルパロってたり…海外も似たような状況なんですね)

ラジオもなんだかんだ一コンテンツとして、テレビより近い距離感を売りにして生き残っているのを見ると、これからは使い分けの時代なのかなあと……思いました!

 

 

 

Blue monday - New order

 

 

今度はすんごい暗い曲。そういえばクラシックでも暗い日曜日なんてのがあったね

日本語版wikipediaではバンドメンバーの自殺を歌ったものと断言されてるんですけど、そうじゃないらしいって情報も出てきてよくわからないっすね…どうとも取れる言い回しなので、意味深さを自由に解釈して楽しめばいいんじゃないですか

中〜低音域を走るテクノ系サウンド(ペットショップボーイズよりは無機質寄りかな?)と、淡々と相手に問い続ける、個人的には責め立てるようにもみえる歌詞はよくマッチしています

深夜の散歩に聞くと静かにアガれそう。3密じゃなければバレへんか……

 

 

 

Owner of a lonely heart - Yes

 

(↓MV、虫とかきもちわるい映像があるので注意)

 

いや別にジョジョEDバンドを取り上げるみたいな縛りはないんですけど!

Roundabout」はフル初めて聞いたとき「8分半ってマジ?長すぎだろ…」と面食らったのはいい思い出です。10分未満は割とあるんだね……

さて、今回の曲はジョジョアニメ化以前で一番有名だったらしいです(CMに使われたとか)。わたしは知らなかったんですけども

先程の「Roundabout(1971)」から10年以上後にリリースされ、歌詞、構成、再生時間(MVでは演出の都合上長いけどCD音源は4分半くらい)ともにポップに聞きやすくまとまり、それでいてイエス特有の音はたしかにあり、初心者向けのトラックだと思います

ロンリーという単語から寂しげな歌に見えますが、和訳サイトを読ませてもらうと、"自分自身の力と意思で戦うんだ"みたいな…孤独であっても孤高でありたいという精神が感じられて、うわぁがんばろうってなりました

 

 

 

Martika's kitchen - Martika

 

 

最近まで、マルティカといえばエミネムLike toy soldier」のサンプリング元の人だよね?程度の認識だったんですけど、ディグる(唐突なラッパー語)とけっこういい曲あるし歌もかっこいい!と再発見しました

そのサンプリング元「Toy soldier」は薬物に溺れる人々をおもちゃの兵隊に見立てたアイドルらしからぬ社会派ソングだったのですが(↑MVのマルティカ姉貴クッソかわいいからリンク、飛ぼう!)

この「Martika's kitchen」は聞き手を誘惑するアイドルのお手本的な歌詞で(和訳が見つからずGoogle翻訳を見た印象なので間違ってたらすまんな)、妖艶さをちらつかせながらもパワフルに歌い上げており、「Toy soldier」しか知らない人はかなりびっくりするでしょう。びっくりしたよ

また、プリンスの提供楽曲とのことで、サウンドもプリンスっぽいような気がします。あんま知らないけど…こう、ファンクっぽい感じ?メリハリのある音使い?的な!

余談ではあるんですが、1stアルバムのヨーロッパ盤ジャケットの構図大好きで、その…活動続いてたらなあと惜しく感じたりもします

 

 

 

以上になりまっす

第三弾あるかなあ…気が向いたら書くかもしれない

よかったらコメントでおすすめの曲残してってください、邦楽でもなんでもいいです

でわ!!!!

洋楽がマイブームなので紹介します

皆さん元気にしてますか?私のほうは一次創作が昂ぶりすぎてイマジナリーフレンドがこの歳にしてできてしまって……どうでもいいしやめとくわね

 

さて、外出自粛ということでひきこもって毎夜毎夜洋楽聞きまくってるんですが、同じ曲をヘビロテしがちでその度に通信するのもアレやなってことで、色々検討した結果曲単位でダウンロード購入することにしました


f:id:minus131:20200418142221j:image

この4曲+同じアーティストの曲とか挙げつつ浅く書いていきます

youtube埋め込んでおくのでぜひきいてみてね

 

 

 

 

I want you - Savage Garden

 

 

ジョジョ4部のED。当時はあんまピンと来なかったんですが、ふとyoutubeの関連動画にでてきてみたら聞き心地いいし、歌詞もなんだか詩的で深読みできそうな感じで……ググって出てくる和訳記事ではやはりジョジョに絡めて吉良っぽいと言われてますが、私は創作キャラのイメージを膨らませるのが楽しくてしかたないんです

後半の間奏部分がそれまでの曲調とは異色で、フルだと新たな展開を見せる曲。最初は違和感あったけど聞いてるうちに好きになってきました

(アニメソングってフルは微妙…(TVサイズのほうが良かった)みたいなことよくあるよね)

 

 

 

ワインは美味しく、あなたは優しく - The Cardigans

(I need some fine wine and you, You need to be nicer)

 

 

"My favorite game"とか"Lovefool"で有名っぽい人達、椎名林檎は"Carnival"に影響されてるってちょこちょこ見るけどどうなんやろ…そのうち無罪モラトリアム聞こう

これらのナンバーよりだいぶ最近の曲で、歌声の甘ったい感じが少し抜けています

ちな、この曲は今回の4曲のうち一番長い期間ヘビロテしていて、一時は"Batdance - Prince"と交互に回しており、それでもなおプレイリストのスタメンを死守し続けたやべーやつ。なんでここまでどハマりしてんのか自分でもわかんねーけど…

最近の曲にしては珍しく邦題がついててここも嬉しいポイント(アイ・ニード・サム…ってやったらクソ長いからねしょうがないね、こういうカタカナにするだけのやつそろそろどうにかして)

曲そのものとPVが気に入りすぎて、歌詞については最近やっと和訳記事を見させてもらったんですが、なんかサビの良い時と悪い時を一緒に過ごすってあたりとかいいですね、いい…

 

 

 

It's a sin - Pet shop boys

 

 

"West end girls"とかの人達、私は"Go west"を初めて聞いた覚えがあります

同じシンセ使いのクラフトワークと比べると、あちらはより独自路線というか職人っぽいというかガチ勢みたいな、こちらはポップ寄りで聴きやすいのかなあ、歌詞もちゃんとあるし…って感覚。すいませんクラフトワークRadioactivityTour de franceしかわかんないです他もききます…

この曲については、これまでの行いを悔いる懺悔、独白的な内容とドラマチックな音作りが非常にマッチしていて引き込まれます。ドンピシャな設定の創作キャラがいて、そのキャラクターを通じて自分も物悲しく、わたしは生きてていいんですか…とか考えたり考えなかったりします

PVの暴食姉貴すき(カットインの人たちは七つの大罪らしい)

 

 

 

Private idaho - The B-52's

 

 

このバンドはごく最近に聞き始めたんですが、他だと"Love Shack"は楽しそう、"Rock Lobster"はオノ・ヨーコに影響されてるらしい独特なフェイクが耳に残って面白いのでいいなとおもっています

そんな中でこれは一番曲として魅力的に感じて最後に選びました。というのも全体的な音作りがとても好みで(ピンクレディーを連想したけどよく考えたらあんま似てないな?)、サビ前のシンセが絡み合うあたりだけでご飯一杯いけそう。男女ボーカルもいいかんじです

余談ですが、このバンドの1stアルバムの邦題「警告! THE B-52'S来襲」すき。この頃の邦題センス戻ってきてほしい…(切実)

 

 

今回はこの辺にしておいてやるぜ!また気が向いたら記事にするから覚悟しておけ…でわ!

DELLに保証内修理してもらった

みんな元気ですか?私はコロナ以前から咳と鼻炎が続いてるけど元気です。いやマジでうつらないから!大丈夫だから!

 

こんな時だけど昨年秋ごろ買ったAlienwareくんを修理に出し、今日戻ってきました。


f:id:minus131:20200409161504j:image

(元気にブランドロゴを見せつけるAlienwareくん)

 

というのも、windowsキー押してもスタートメニュー出ねえってのがずっと続いており、

外出自粛だし直すか、とソフト面の原因を探ったところ、最終的に外付けキーボードを繋げたら普通に反応したので「あっこれ本体キーボードがダメやん!」と発覚。

そのままの勢いで、LINEのサポートから案内されるままに申し込みしました。

(電話だと外国の方が対応するっぽい話聞いたのと、コミュ障でこわかったので)

(LINEサポートどういう感じかわからなくてとりあえずメッセ送って、忘れてそのまま放置したりしてマジ申し訳ない)

本来は17時までのとこを受け付けてくれたり、すごく親切に進めていただきました。感謝!

たかがwinキーごときでここまでしてくれてほんとありがと……

 


f:id:minus131:20200409161434j:image

まあストレージも交換されたんですけどね

 

申し込みの際、HDDからカタカタ異音することを完全に伝え忘れていたんですが、向こうで発見してついでにやってくれた模様。

こっちは確か買ってすぐの頃外に持ってったあたりから起きた気が…ケチらずPC用バッグ買おう、それかSSDに換装しよう

 

DELLのサイトで修理の進行状況が見れるようになっていて、HDD交換がなければもうちょっと早かったみたいですが

それでも1週間ちょいで戻ってきてくれたのでよかったです

 

ストレージ初期化につき、システムイメージから復元してみて色々手間取ったものの、

(USBで修復ディスクならぬドライブ作れるようにしてほしいと思った、回復ドライブじゃなくてブート用のやつよ!)



f:id:minus131:20200409164608j:image
(修復ディスクが必要なことを復元作業の手前で知らされて脳内キーボードクラッシュするぼく)


f:id:minus131:20200409165015j:image

(空きの円盤を見つけて修復ディスクを作り復元にこぎつける)

 


f:id:minus131:20200409163709j:image

今はcore i7シールとキーボードを燦然と輝かせて元気にabema再生してます。ぼくもうれしいょ……

 

 

今まで保証期間とか全然考えず自分でどうにかするか諦めるの2択でやってきたマンなので、期間内ならちゃんと保証使わんと損なんやな…と思いました

総括すると、今のDELLのサポートすごくいいよ!ってことで

(昔のDELLも他メーカーもわかんないけど)

 

こんな時に仕事増やしちゃってごめんな…マジで…!

LINEサポートの人も気をつけて!フラッシュ!(空リプ)

*ネタバレ*ミッドサマーみました

パンフ買った記念


f:id:minus131:20200311224454j:image

 

財布に余裕が出たのでミッドサマーと犬鳴村まとめて観てきました。犬鳴村は別記事。

ネタバレもりもりで感想文提出します

 

 

 

 

1本目、ちょっとした兼ね合いで先に見ることになったミッドサマー。内容的には最後にするべきやつだったとおもう

 

感想前に自分語り

 

この映画、去年秋ごろ?に「終始明るいシーンのホラー映画があるらしい」という情報が出て、日本公開はなくとも是非レンタルで見たいなあ!!!とめちゃくちゃ楽しみでした。当時まだタイトルはつづり通りに"ミッドソマー"と呼ばれており、一部のホラーマニアの間で騒がれていた程度と記憶しています。

その後、めでたく国内での公開が決まり、公式サイトができ、予告版もアップロードされ、何度もリピートして待ちわびていたんですが………

公開日が近づくにつれじわじわと話題になり、当日からは、Twitterのタイムラインで「めっちゃグロい!」「主人公のいないトリック」その他諸々の軽微なネタバレを食らいまくることになりました。

Twitterでもキレ散らかしましたが、"今までにない明るいホラー+辺境の不穏なお祭り"というパンドラの箱をずっと待ってたんです。「へえ、暗いシーンでビックリさせるようなやつじゃないんだ。じゃあどういう手法なんだろう?」とわくわくしてたんですよ。何も知らないまま劇場に行きたかったんです。

そこに「グロい」という要素が確定するだけで大体察しがついちゃうんですよ。いや予告編の時点でそこそこ血なまぐさいのはわかってたけど、それをピックアップするならそういうことか…って心構えができちゃうのが…ノーガードであのえげつないシーンを受け止めたかった!!!

あと「トリックっぽい」とかいう感想も、思うのは自由だしあのドラマはふつうにすき、でも俺はそういうノリで語りたくはないかな、そもそも感想を和気あいあいと語り合う映画ではないよな、つーか全部すぐトップツイートにしてフォロー外のもの見せてくるTwitterさんが悪いよな?よし、悪くないな!

 

お待たせしました、レポートします

 

 

主人公のダニー姉貴(シャイニングの男の子と同じ名前なのはきっと偶然だよな)は妹が自殺して、精神を病みマヂツラィ……状態。抗不安薬とかまるで俺みたいだぁ……

彼氏のクリスチャン兄貴は友人との付き合いもありややそっけない対応。その友人と一緒に旅行に行くことも伝えていなかった、けどなんやかんや着いていくことに。その行き先が夏のお祭りをする村だった……

 

村の手前くらいで車を止め、友人の一人かつこの村が故郷のペレ兄貴が案内、村人とあいさつ。流れるようにトリップしそうなブツが出てきて「みんなでキメようぜ!」こういうの出てくるのも知ってたけど唐突すぎるだろ…

不安になりつつも、気を遣わせないようキメることにしたダニー姉貴。草むらに佇んでいると、ついた手も地面と化して雑草が生えてくる。(ここの幻覚描写、観てる方もキメてる気分になれてすき)植物と同化するのを感じながら、意識はさまよい、妹の自殺現場に行き着く。むしろトラウマ掘り起こしてるじゃないか……

 

その後、村の中心へ。一面に広がる草原の元、楽しげにしている村人。男女問わず真っ白な服に身を包み、統一感がありすぎて不気味。カルトっぽい。

他にも夏至祭の見学に来た別のカップルもおり、時折共に行動する。

 

*ここから時系列あやういけどゆるしてな!

 

宿泊場所の案内を受ける。壁一面にいっぱい絵が描いてあり、考察が捗りそう。

ここでペレ兄貴が、村人の人生サイクルについて教えてくれる。四季という4つのグループになぞらえてるのは(FGO知識なんだけど)インド神話みたいだと思った。最後の"冬"は72歳までで、その後は……おいおい冗談だろう?

また、外に干してある布だったか…?に描かれている恋のおまじないで結ばれる*よくある*ラブストーリーはのちに再現される。マジでやりやがったなァ!

 

村の老夫婦(夫婦じゃないかもだけど男女)をやたら演出した儀式っぽい昼食タイム。

一連のルーティンをしてから食べる、まるで給食の時間だな…いやそれより意味深すぎて、このあとも色々ありそうやな…と(思いやられる)感じさせてくれるシーン。

 

なんか崖の下に集められる村人と主人公一行。村人の一人はハンマーを持っている。上にはあの老夫婦。あっ……

手を切り、その血でルーン文字が刻まれた石盤を塗らす(予告編のシーン見ると嬉しくなるよね)。

崖の先端で意味深な振りをして、飛び降りる。先に落ちた女性はいい感じに即死できた。

続いて男性も飛び降りた、が、まだ息がある。大きい岩に脚が直撃してひしゃげ、苦しそうにしている。そこに村人がハンマーを振りかぶり、頭を潰す。交代して3回ぐらいやった。もういいんじゃないか…というかすごいリアルだ…

(女性のほうも頭潰してたかもしれない、忘れました

先述の72歳問題はこれ。最後の食事だから今日の主役みたいな扱いだったんですね……

最初の死人ということで、主人公たち外部の人間はドン引き。仕方ないね

 

 

中盤ぜんぜん時系列覚えてないけど

 

主人公一行のうち勉強熱心なジョシュ兄貴と軽薄クソ野郎マークがそれぞれ村のタブーを犯して人知れず始末されたり、

予告編でもひときわ存在感を放った奇形兄貴(性別わからんけど)は、意図した近親相姦で生まれ、「普通の人間とは違って真理を見通せるんじゃね?」的な理由で村の賢者とされ大事な書物を執筆する役目があることを明かされたり、

村人のひとり、赤毛の女の子がクリスチャン兄貴に一目惚れし*恋のおまじない*を実践するなど(小さい頃髪の毛食べかけてすごい気持ち悪かった記憶がよみがえったよ!^^)

 

色々ありましたね…

 

 

終盤は村の女子+なぜか参加させられてたダニー姉貴のダンス対決。

参戦前にお茶を配られる。飲み方を見るにどうやら特別なお茶らしい。

草むらにそびえ立つ十字架みたいなやつの周りに、村人と手を繋ぎ輪を作ってスタンバイ。ダニー姉貴のようすがおかしい。手の甲に…草が生えてきている。これはさっき見たやつですわね?やっぱりヤバいお茶じゃないか!

今回は嫌な幻覚を見ることなく、むしろ踊りながら村の女子と話すうちスウェーデン語を習得する離れ業を見せ、ダンス対決も制覇。

晴れて夏至祭の女王となり、女王用のボリューム満点な花の王冠をかぶるダニー姉貴。お茶のせいなのか花がぱくぱく動いてて、こわい。あと外部の人間だけどいいんだ…

 

 

いつの間にか女王に祭り上げられ、なんかランチの時間も主導しちゃってる彼女を遠巻きに眺めるクリスチャン兄貴に視点は移る。

「ダニーもおかしいし俺の飲み物も色違くない?」とばかりに困惑する彼は、村のリーダー格っぽい女性に呼ばれて個室へ。

赤毛の女の子とえっちなことしてもいいぞ」

と許可に見せかけた命令。

おまじないってレベルじゃないやんけ…村総出で成就させてるやんけ…

ここに来るまで色々あり、既に考えるのをやめた表情をしているクリスチャン兄貴。連れて行かれるままに別の小屋へ。

部屋の中心には、花々のマットに横回る赤毛ちゃん。周りを取り囲んで合唱してる女性陣。全員真っ裸。この絵面、本編随一のクレイジーさだと思う。頭おかしなるで。

身ぐるみ剥がされたクリスチャン兄貴を前に、赤毛ちゃんは足を開く……

 

 

女王と化したダニー姉貴のターン。

人力車…というか神輿?で村を回り、またも儀式的なことをさせられている。そんな中、通りかかった小屋から声が聞こえ、気になった彼女は鍵穴から覗いてみるが…

どうみても浮気中です。ありがとうございました。

 

常軌を逸した場面を見てしまい、不安症状に襲われる。そんな女王ダニーをお付きの村人たちは共に喚き散らし、苦しんでくれる。やさしい。

(ここ予告編で見たときは襲われてるんだと思った)

 

 

大円団のラスト。

舞台の上のダニー姉貴、すごい花に包まれてる。顔以外ただただ花。動いたら一気に散るの見たい。

リーダー格の女性より、「夏至祭の締めに生贄9人捧げるぞ。最後の一人はこの2人からどっちかにするぞ」

9人のうち8人は村人と外部の人間で4人ずつ選出。9人目の候補は無作為に選ばれた村人と車椅子で生ける屍となっているクリスチャン兄貴。どちらにするかは女王が決めるのだという。ダニー姉貴が選んだのは……

 

数分後、そこには熊の着ぐるみ(ナマモノ)を着せられたクリスチャンの姿が!

 

まあ、そりゃそうだよな、全体的にペレ兄貴や村の人々はダニー姉貴に優しかったもんね、全然彼氏らしいことしてなかったしね、しょうがないね。でも捌きたての皮って感触やばそう…想像したくないにゃ…

 

クリスチャン兄貴in熊と村人枠生贄の男性2人(うちひとりは村の手前にいたおくすりくれたニキ!)は、主人公一行には近づいてはいけないと教えられた黄色い三角の小屋にいる。中には藁が置いてあり、既に生贄としてお亡くなりの人々を模した人形と共に座らされている。

小屋の前では村人たちが見守る。赤毛ちゃんはただひとり赤い装飾の施された服を着ており、満足げな表情。クリスチャンは種馬だった…?悲しいなあ…

そこに松明を持った仮面の人々が入り、藁に火をつける。

火は燃え盛り、息のある生贄3人を焼いていく。うち村人2人は互いを慰めあうも、次第に絶叫に変わる。

炎に包まれる小屋、聞こえてくる苦しみの声に共鳴するように、声で、身体で苦しみを表現する外の村人たち。さっきダニー姉貴と一緒に泣いてくれた時と似ている、これがこの村のやり方なのかなあ…

傍から見ればただの阿鼻叫喚な光景。その中で、ダニー姉貴は嬉しそうに微笑むのでした。

おしまい!!!!

 

…………なんだこの映画!

 

 

 

 

総評

 

なんというか、筆舌に尽くしがたい気持ちとはこういうのを言うのかなと思うんですが、ハッピーにはなれないけど見れてよかったけどしんどい…?

よくここまで悪趣味な要素ばっか並べられたなって感じの設定と不快描写の応酬はすごく良かったです。ネタバレ食らってだいたい予想ついててもなお、メンタルがじわじわ擦り切れていく感覚を味わわせてくれてすごい。それだけにまっさらな状態で見れたらもっと…こう…ヤバかっただろうな…と

観た直後は一回で十分だわ…と思ったんですが、こうして書きながら思い出していると、もう一度あの村の風景を見たくなってくるからふしぎです。リピート前提ならもう少し急ぎ足で展開するといいかもですが、全体的に丁寧に描写していたなという印象。疾走感とは真逆に、じっくり毒が染み込んでくるような感覚。

ラストの主人公の笑顔は、妹の自殺というトラウマ・親身になってくれない彼氏から決別して解放されたということなんでしょうが、クリスチャンが他の友人と比べてここまでされるほど悪いことしたか…?感があって、かわいそうが先行してしまい主人公と同じ立場になれなかったんですね。そこが上手くいけば、他でも言われている(監督の思惑通りでもある?)セラピームービーとして受け止められたんじゃないかなあ…

(彼女をないがしろにしてるとか、友人の論文のネタパクるとか、悪事はあるにはあるけど「これは許されねーわ!死ぬしかないね!」と感じられるネタが見当たらなかったんじゃ…)

これ以上言語化しても無駄そうなので、とりあえず、モザイクなし+追加シーンありのR18+版も観ます!おわり!

 

 

長くなりすぎたので犬鳴村は別記事にします。よしなに